第28回整形外科リハビリテーション研究会報管
1994.4. 於:東社会教育をンター第2集会室

 平成医療学院 理学療法学科 林先生より中部日本整形外科災害外科学会でのトピックスの紹介がlectureとして行われた。先ずは半月板損傷後の切除術と縫合術との比較についてであった。半月板を温存する方が良いとの意見が多くなってきているとのことで、それぞれの長期成績を検討していた。それぞれ一長一短があり、一概に結諭づけることほ困難であるが方向性を決める上では重要なことである。今後の動向を見て行きたい。次は鳥口上腕靭帯の研究についてであったが、組織学的には靱帯組織というよりも滑膜様組織で、肩甲下滑液包と肩峰下滑液包とに連絡しているとのことであった。よって、炎症が波及し易い環境にある。更に脂肪組織に富んでおり、mecanoreseptorや血管が豊富に存在しているとのことであった。これらの研究が進めば五十肩の病態も明らかになっていくことが期待できる。次は上腕骨骨幹部骨折に対する治療法でfunctional braceを行った際には、長軸方向にcompressionを加えることで骨癒合を促進する様にすぺきとの意見があり、今後の後療法において注目して行きたい。今回のような学会のtopics的なことでも良いので、他の研究会や勉強会で得た知識や意見があった場含は報告する事で会員相互の知識の向上と、片寄りのない考え方が出来るようになるためにも広く様々な意見を知ることは重要だと思われます。今後もこのような報告が増えることを期待したい。(文責:国立名古屋病院 岸田)

 国立名古屋病院の岸田先生よりヒンジ付TKAの症例報告があった。症例は65才の女性で、両膝共にOA−changeが強く、一見シャルコー様を呈してる。関節動揺も強く、靭帯においてはope所見で存在が確認できない状態であった。ヒンジ付TKAは、このような症例に対し、単軸性で支持性に優れてあり、荷重時期は2週と、通常のTKAと変わりはない。rangeはope中においてfullであったが、後療法において0−130゜rangeが獲得され、歩行開始となった時点で大腿骨頸部骨折を生じ(原因不明〉、現在に至っている。原疾患が他にあると思わせるが、珍しいopeであり報告がなされた。〈文責:国立名古屋病院 中川〉

 平成医療専門学院の林先生より、左橈骨頭骨折・左手関節痛を呈した32歳女性が提示された。受傷機転はスキー中の後方への転倒により、体の下に左手が挟まれたというものである。受傷直後の診察では、上記診断後、保存療法が選択されたが、16日後にはC−wireによる骨接合術が行われた。op後2週でPT開始されたが、ROMは肘0−15−100で尺骨神経領域にシビレ出現、PT開始後10日でシビレは軽減し、12日後の状態は屈曲・伸展方向の改書はみられたが、前腕の回内外に制限を残しており、これに関して検討を行った。まず回外は肘関節の角度に関係なく40゜(45゜)である。橈骨、尺骨間を結ぷ強靭な組織として骨間膜があるが、固定期間中に短縮をおこすと回外制限となりうる。X-pでは橈骨頭が長軸方向からつぷされるように損傷していることから受傷時橈尺間を剪断するストレスがかかっていると恩われ、骨間膜自体損傷していることも否めない、またこの時のストレスにより手関節(遼位橈尺関節)構成体が損傷し、手関節痛が生じているとも孝えられる。回内は最終伸展位で0゜、(5゜)、屈曲45度で5゜(10゜)、屈曲90度で10゜(10゜)というように肘関節を屈曲するにつれて僅かではあるが角度が増大する。すなわち肘屈曲により緩み得る組織との関連で回内制限を考えることができる。ここでは近位橈尺関節の形態的特徴(方形靭帯の緊張、外側側副靭帯の緊張、回内による橈骨頭の傾きの変化と輪状靭帯の緊張)と骨折による橈骨頭の転位、外側側副靭帯・方形靭帯の短縮とを考えあわせ、回内制限が肘屈曲により変化する理由を考察した。治療方法としては回内外とも靭帯組織の伸張を行うため、時間をかけた伸張方法がよいと思われるが、スプリングを用いた回内外用の矯正装具の適応の可能性も検討された。徒手的には回内に対しては屈曲位で回内ストレスをかけ、そのまま肘関節を伸展していく方法も出された。伸張対象は回内ストレスのみと同じであるが、効率的な方法といえる。この症例に関して制限因子を靭帯要素のみと断定してしまうのは危険であるが、最も重要な因子であることは間違いないであろう。(文責:碧南市民病院 浅野昭裕)