262回整形外科リハビリテーション研究会報告

2019.2.16 於:アクションラボオルバースビルディング
            


環指基節骨開放性骨折に腱性マレットフィンガーを合併した一症例

症例は50歳代の男性である。バイク走行中に障害物に接触して転倒し受傷した。当日、他院にてレントゲン撮影後、創部を閉創した。翌日、当院を受診し左環指基節骨開放性骨折、左環指の腱性マレットフィンガーと診断され、観血的治療が施行された。レントゲン画像より本症例の骨折は骨幹部での横骨折であり、遠位骨片は90度背側へ転位していた。Cワイヤーによるクロスピンニング固定が施行された。伸筋腱断裂部は終末腱のやや近位部で橈尺側の断裂に加え、その間に存在する三角靭帯の損傷を認めた。伸筋腱は可及的な腱縫合が実施され、DIP関節は伸展位でワイヤーによる関節固定が施行された。術後の固定肢位は手関節背屈位、環小指MP関節屈曲位、IP関節伸展位で外固定された。運動療法は術翌日より開始した。
運動療法の初期評価時の所見として、安静時と運動時(環指MP、PIP関節の運動時)に術創部周囲にNRS0~1の疼痛を認めた。しびれや異常感覚はなかった。術後3週の手関節ROMに制限はなかった。環指ROMはMP関節の他動屈曲55°、自動屈曲30°、他動伸展0°、自動伸展-8°、PIP関節の他動屈曲45°、自動屈曲40°、他動伸展-10°、自動伸展-25°であった。
検討項目は、現時点で獲得しておきたいROM、DIP関節のピンを抜去した後に考えられる状態、各関節(MP、PIP、DIP)において今後想定される合併症と運動療法のコツの3点であった。
フロアから、本症例の運動療法を行う点でのポイントは、基節骨の骨癒合を最優先に考えて実施することであり、腱性マレットフィンガーの予後については、DIP関節が伸展0°で安定してくれれば妥当であるとの意見が挙がった。最終的には、グリップした際に環指の指尖部が手掌部に着くくらいがゴールではないかということであった。
そのためには、MP関節の可動域練習の際には、基節骨に回旋力を加えないように操作することが重要となる。また、骨転位の方向より骨折部掌側の屈筋腱損傷の可能性が考えられるため、エコーを用いて詳細に評価するとともに、屈筋腱側のモビライゼーションも必要ではないかという指摘があった。PIP関節の屈曲に対しては、Lateral bandの滑走を改善することと、皮下組織の柔軟性の回復が重要になるとの意見が挙がった。
MP・PIP関節は小さいため、浮腫の存在や皮下組織の柔軟性の低下がある状態での無理な関節運動は、容易に関節症性変化を惹起するため、注意深く対応する必要があると指摘された。

(校正者:岡西 尚人)